スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

反抗期

反抗期

親が待つ事が出来れば、
子どもは安心してのびていくことができる。

親の許容度が大きければ大きいほど、
子供の自己肯定感は高くなる。



子供から大人まで否定されるのは嫌なようです。
自分でやってみないと、正しいことは分かりませんからね。
スポンサーサイト

○娘を強姦した男に母親が復讐。ガソリンをかけて焼き殺す

 2005年、スペインにて娘を強姦した男に対して母親が復讐するという事件が起こりました。ガソリンをかけられて焼かれた犯人の男は、その傷がもとで病院で死亡しました。

 1998年、アントニオ・コスメ・ベラスコ・ソリアーノ(当時62歳)は、13歳の少女を刃物で脅して強姦しました。ソリアーノは逮捕され、懲役13年の判決を受けたのち、控訴して最終的な刑期は9年となりました。

 そして7年後の2005年。3日間だけの外出許可を得たソリアーノは、故郷の町へと戻ります。町のバーへ向かう途中、ソリアーノは過去にレイプした娘の母親に出会いました。

 「お嬢さんの具合はどうですか?」伝えられるところによれば、ソリアーノは大声でこのように言って母親を挑発したそうです。間もなくして、その母親もソリアーノの後を追ってバーに現れました。

 そしてソリアーノに近づいたかと思うと、どこから持ってきたのか、手に持っていたビンの中のガソリンをソリアーノにかけ始めたのです。ソリアーノの足下にガソリンだまりが出来るほどの量だったそうです。

 周りの客が止める暇もなく、母親は火をその中へ投げ入れました。ソリアーノの体はあっという間に炎に包まれ、辺りには絶叫が響き渡りました。母親はソリアーノが燃えているのを確認した後、店から逃げたそうです。

 ソリアーノを包んでいた炎は消火器と水によって消し止められましたが、ソリアーノは全身の皮膚の60%を失う大火傷を負い、入院先の病院で11日後に苦しんで死んだそうです。

 もちろんその後、母親は逮捕され裁判が行われましたが、彼女が初めて出廷した日、群衆は「よくやった!」と拍手喝采で母親を出迎えました。また、娘が強姦されて以来母親が精神病を患っていたこと、そしてソリアーノが母親を挑発したことが考慮され、罪には問われない可能性が高いそうです。

ソース




なぜこのニュースが人々の興味を惹くのでしょうか。
おそらく、母親が人を焼き殺したにも関わらず、多くの人が母親の肩を持つからでしょう。

仏教では、私たちが造る悪を十に分けて十悪と教えられます。
貪欲、瞋恚、愚痴、綺語、両舌、悪口、妄語、殺生、偸盗、邪婬の十です。
最後の邪婬とは「邪な男女関係」を言います。
このソリアーノの場合、邪婬という恐ろしい罪を犯したのです。

「母親を挑発した」ことからも分かるように、本人はそれほど恐ろしい罪だとは思っていないようです。
しかし、仏教では因果の道理が教えられ、法律で裁かれようが裁かれまいが、
蒔いた種は必ず生えると教えられます。
悪い行いをすれば、必ず悪い結果が返ってくるのです。
この場合、母親という縁と結びついて、本人でも思わぬ悪果が返ってきました。
自分ではそれほど恐ろしいと思っていなくても、縁次第で恐ろしい結果が返ってくることがあります。
法律で裁かれないから、また案外罪が軽いから、などと考えていてはいけません。

ところで、母親が行ったことは復讐ですが、仏教では復讐は良くないこととされています。
法然上人の父親が敵討ちで亡くなられる直前、子供の法然上人に次のように言われています。
「自分はとても助からない。この傷によって死んでゆくが、しかし、けっして敵を恨んでくれるな。
もしお前が復讐を思うなら、争いはいつまでも絶えないであろう」
十悪の一つである瞋恚は怒りの心であり、愚痴は妬み恨みの心で、
どちらも恐ろしいことなのだと教えられています。

自分が思う思わない、周りが認める認めないに関わらず、ただひたすら因果の道理を信じて、
良い種を蒔いていきましょう。

テーマ : 最近のニュース
ジャンル : ニュース

プロフィール

現代の仏教徒

Author:現代の仏教徒
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。