スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

○他人の不幸は蜜の味 ねたみ感じる脳機能解明

 ねたみや他人の不幸を喜ぶ感情をつかさどる脳の部位を、放射線医学総合研究所などの研究チームが明らかにした。ねたみを感じる部位の活動が高い人ほど、「他人の不幸は蜜(みつ)の味」と感じやすいことも実験で確認できた。13日付の米科学誌サイエンスに発表した。

 ねたみなどの複雑な感情をつかさどる脳の仕組みは、ほとんど分かっていなかった。放医研の高橋英彦・主任研究員(精神医学)らは、被験者が主人公となり、自分より成績や所有物が優れた人が登場するシナリオを用意。大学生19人に読んでもらい、ねたみの強さを自己評価してもらうと同時に機能的MRI(磁気共鳴画像化装置)で脳の活動部位を調べた。

 その結果、ねたみを感じる際には、肉体的な痛みを感じる前頭葉の「前部帯状回」の活動が活発になった。また、自分より優れた人が不幸に見舞われるシナリオでは、報酬を得たときに心地よいと感じる「線条体」という部位が活性化した。前部帯状回の反応が強い人ほど、線条体の反応が強かった。

 高橋さんは「体の痛みを感じる前部帯状回が心の痛みであるねたみにも関係していることは興味深い。ねたみのような感情を客観的に評価できれば、カウンセリングなどに役立つのではないか」と話している。

ソース




仏教では人間は「煩悩具足の凡夫」と言われます。
具足とはそれでできているということ。雪だるまは雪具足です。
凡夫とは人間と言うことですから、人間は煩悩で出来ている、それ以外にないということです。

煩悩は108あると言われ、108の煩悩などと言われます。
除夜の鐘を108回突くのも、今年一年煩悩によってずいぶん悩まされたから、
来年こそは煩わされたくないと思ってのことでしょう。
しかし正月から煩悩によって煩わされているのが現実です。

煩悩の中でも特に恐ろしいもの3つを三毒の煩悩と言われます。
貪欲、瞋恚、愚痴の3つです。

その中で、愚痴とは妬み恨みそねみの心です。
他人の不幸を喜ぶ醜い心です。誰にも言えない汚い心です。
そんな心を誰もが持っているのです。持っていない人はいないのです。
スポンサーサイト

テーマ : 最近のニュース
ジャンル : ニュース

コメント

Secret

プロフィール

現代の仏教徒

Author:現代の仏教徒
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。